BMIと体脂肪率が肥満の判定に利用される2大指標

BMIと体脂肪率が肥満の判定に利用される2大指標

肥満を判定する方法には大きく2つの方法があります。

 

体重による判定

これは身長に対する体重の割合を測定する、過体重と呼ばれる方法でBMIと呼ばれる指標を利用します。以下の式で計算します。

 

BMI=BMI=体重kg÷身長mの二乗

 

この値が22が標準で、18.5以上25未満を普通と判定しています。たしかに簡単に数値が判定できるメリットがあるのですが、体脂肪量が式の要素に含まれていないというデメリットがあります。

 

体脂肪率による判定

これは体脂肪量が体重に比してどのくらいを占めているかを判定する方法で、脂肪÷体重の比率(%)で算定することができます。

 

肥満というのは外見上では痩せているように見えても実際に脂肪の量が多い場合は、肥満に該当することがあり、逆に外見上太っているように見えても脂肪の量が少ない場合は肥満に該当しません。このように外見ではわかりにくい肥満度合いを正しく判定するためには非常に役立つ指標です。