太らない食事法とは?体脂肪を過剰に蓄積しない為の3つの注意点

太らない食事法とは?体脂肪を過剰に蓄積しない為の3つの注意点

体脂肪は食事が材料となって合成されているのですがその際に注意すべき事が3つあります。

 

満腹中枢を刺激する

体脂肪は食事によって合成されるため食事の量に比例します。ですので食事量を増やすと体脂肪量が増えるため食事のコントロールが必要になります。

 

特に食事をする場合はゆっくりと噛んで時間をかけて食べるということが重要です。食事によって糖質が吸収されると血糖値が上昇するのですが、この時満腹中枢が刺激されて満腹感を感じるようになります。これにより食べすぎを防止することができ、体脂肪が過剰になることを予防することができます。

 

食事の時間帯に注意

また食事の時間というのも体脂肪に大きな影響を及ぼしています。われわれ人間は夜になると副交感神経が優位に働くため、血液中のインスリンが上昇します。このインスリンは血糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える役目を果たしています。

 

ですので夜の時間帯に食事の大食いをすると、摂取された糖質がインスリンによって脂肪細胞に脂肪として蓄積される度合いが著しく上昇します。つまり体脂肪を増やさないようにするには、寝る前の大食いは控え、さらに食事の直後に寝るということを避けることが大切です。

 

食事の内容に注意

われわれが日常食べている食事は、大きく大別すると炭水化物すなわち糖質、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミンの5種類に分類されます。この中でも特に体脂肪に影響を与えるのが糖質と脂肪です。

 

ちなみにタンパク質といのは体脂肪に影響する度合いは小さく、むしろ血液や筋肉の材料として利用されます。ですので体脂肪を増やさないようにするには低糖質、低脂肪、高タンパクを心がけるのが良いということになります。