脂肪の蓄積プロセスと脂肪細胞の役割

脂肪の蓄積プロセスと脂肪細胞の役割

われわれ人間は食物を摂取することによってエネルギーを得て生活しています。そしてこのエネルギーを脂肪という形で体内に蓄積しています。そして体内に蓄積された脂肪は貯蔵脂肪と呼んでいます。

 

この貯蔵脂肪というのは多量のエネルギーを蓄積することができるほか、皮膚の下にある貯蔵脂肪は体温保蔵、内臓を一定の位置に固定させるという役目を果たしています。また体内には脂肪を蓄積する脂肪組織というのがあり、ここには脂肪細胞が多数存在します。

 

体内に蓄積される脂肪は食物から摂取されるのですが、食物中の脂肪がそのまま体内に蓄積されるわけではありません。食事によって摂取された栄養素はどのようにして脂肪を合成するかについて3つに大別されています。

 

脂肪を材料とした場合

われわれが食事で日常食べている肉類やバターには脂肪が含まれています。これを摂取するとカイロミクロンと呼ばれる脂肪球になって血液中に取り込まれ、リポ蛋白リパーゼという酵素によって脂肪酸に分解されます。そして脂肪細胞に取り込まれて再度脂肪に合成されて蓄積されています。

 

糖質を材料とした場合

お米などに含まれる糖質は、肝臓に取り込まれて脂肪に合成され血液のなかに送りこまれます。そしてリポ蛋白リパーゼによって脂肪酸に分解されて脂肪細胞に取り込まれ、再度脂肪に合成されて蓄積されます。

 

ブドウ糖からの合成

砂糖やデンプンというのは体内で分解されてブドウ糖になり、腸内で吸収されると血液に送り込まれ、脂肪に合成されます。血液中にはブドウ糖を細胞膜まで運搬する物質が存在し、脂肪細胞まで運搬します。そして脂肪細胞に取り込まれたブドウ糖が脂肪酸とグリセリンに分解され、ここから再び脂肪に合成され、蓄積されます。ただ脂肪は過剰に蓄積すると病気の原因となります。

 

例えば肝臓や血液の中にも脂肪を蓄積することは可能なのですが、肝臓であれば過剰にたまりすぎると肝臓の重要な機能を阻害してしまいます。すると肝臓の機能を維持するために、余分な脂肪を血管に移動させようとするため今度は血液の中に脂肪が溜まってしまいます。血液も同様、余分な脂肪が過剰になるとやはり排除しなければなりません。